エクセルで名前の定義を入力規則に利用

エクセルのある行や列の値を入力規則のリストに設定することができる。

そのリストを、名前を定義しておくと設定の時に楽である。

エクセル2007で、次のようにたどる。

数式タブ > 名前の管理 > 選択範囲から作成 > 

この中に、「上端行」 「左端列」 「最下行」 「右端列」 の4つが選択できる。

したがって、範囲にふさわしい名前を、上端とか左端において、範囲を選択して、チェックを入れるとその値が範囲の名前として定義されることになる。

データタブ > データの入力規則 > リスト > 定義した名前

とすれば、ある範囲に入力できる値を設定することができる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です