じゃが芋の花の跡にも実が成りて本家を名乗り天地争う #jtanka #photoikku

DSC_3189.JPG

じゃが芋を植えたのはまだ3回ほどだが、じゃが芋の花の跡にも実がなるなんて初めての経験。
近所の人でも、花が咲いたら花柄を摘んでしまうという人のことも聞いていたのだが、まさかこんなことになるなんて。
この後どんなになるか、ひとつはそのままにしておこうと思っている。
花の跡の実がじゃが芋にまでなれるのか、やはり地中の地下茎が大きくなった塊茎がじゃが芋になるのか。
勝負の行方はわかっておりながら、楽しみたい。
じゃが芋はナス科の植物だから茄子のように実が成るの?

押さえられひねくれ出したこんにゃくも 大地とともに伸びゆく若芽 #jtanka #p hotoikku

DSC_3188.JPG

自然の力ってすごいものだ。
箱の中に入れたままにしていた、ソフトポール大のこんにゃく芋からグチャっと曲がって芽が出ていた。
こんにゃくに加工するつもりでいたが、慌てて畑に埋めた。
7月1日には、ご覧の通りの立派な真っ直ぐの茎になって伸びていた。
早くから植えていた親指大の小芋の茎をあっという間に、追い越してしまった。
もうだめだろうかと思っていたからほっとしている。
今年は保存の仕方に気をつけることと、たくさんこんにゃくに加工しよう。

クロバナのロウバイ見事咲き誇り一枝挿した過去も遥かに #jtanka #tanka #pho toikku

DSC_2889.JPG

生花で使われたクロバナロウバイの一枝がこれほどまでに大きくなった。
この花の香りがもっとすればいいのだが、あまり香りはない。
花も地味であり、楚々と咲いている。

みそひとの五月晴れの日何処行こう庭木整理の二人の記念日 #jhaiku #haiku #j tanka #photoikku

DSC_2784.JPG

とても気持ちの良い五月晴れの日。
31回目の二人の記念日。
どっか行こうか?
どこも人が多いよ。
車も多いよ。
そんなこんなで、
庭木の剪定して、くたびれて、
それで終わった二人の記念日。

あまえんぼすり寄り上手意のままにしたいことさせ猫の舌借り #jhaiku #neko # cat #photoikku

205058_083.jpg

トラジはうまい。
モクレンが寝ているところへやって行っては、初めは舐めたりしてるものの、あとはしてもろうばかり。
上手に自分の居場所を確保している。

キャットアイいぬのふぐりの花に似てブルーの瞳心ときめく #jhaiku #haiku #h ana #flower #photoikku

DSC_2772.JPG

雪解けのあと真っ先に見える花、おおいぬのふぐり。
この写真は、タチイヌノフグリ。
花のあとできる実が、犬のふぐりに似ているところから、名付けられたという。
英語名ではBird’s eye、鳥の目というそうである。

新庄のがいせん桜しんがりに控えおり今ここに咲くこころ晴れやか #jtanka #jh aiku #hana #flower #photoikku

DSC_2696.JPG

ここ数日で一気に開き、明日の桜祭りを控えて、桜も頑張ったのか。
5月連休になるのではないかと、心配したのに。
上手く帳尻を合わせてくれたがいせん桜。

水音を聞きみぎひだり見る桜こいに安らぐ新庄の宿 #tanka #jhaiku #haiku #ph oto #photoikku

DSC_2672.JPG

出雲街道の宿場町新庄には今、がいせん桜がやっと開花。
道の両側にはソメイヨシノ桜が花のトンネルを作っている。
桜、井出川、宿場の町並みが続く新庄のがいせん桜。

快晴の日の出前見る心根に花はもどかしいつ咲かむとす #tanka #mysky #jhaiku #haiku #photoikku #photo

DSC_2590.JPG

今日は快晴!
いったいいつになったら春を満喫させてくれるのだろうか?
誰が4月になってから何度も雪が降るなんて、思っていただろう?
ああ、春だなあと思わせてほしいものだ。

今日一日融かしきらずに肩落とし沈む夕日にとまれ宿り木 #mysky #jhaiku #jta nka #photoikku

DSC_2537.JPG

蒜山の韓国料理店木の実の前で撮影した写真。
除雪で寄せられた雪はまだまだ融けきらない。
夕日がいい。
横にある木には、宿り木がちょこんと座って夕焼けと残った雪を見ていた。

大口を開けて笑った田の氷化生(けしょう)の花は我が身の内ぞ #jhaiku #jtan ka #photoikku #photo

DSC_2524.JPG

3月27日の朝の氷。
もう4月になるというのに、田の中には氷が張っていた。
春の穏やかな日を待ち望んでいるものたちを、大きな口を開けて笑っているように。
桜の花は蕾から花が開き、あっという間に散ってしまうことから「化生の花」(けしょうのはな)とも呼ばれるそうだ。
本日4月1日の読売新聞よみほっとの「はな図鑑」で知った。
化生の花も、氷の魔王に囚われの身になっているのではないだろうか?

お彼岸の社日に煙る春霞雪よ早よ融け先祖が待てぬ #kigo #jhaiku #haiku #jta nka #photoikku #mysky

DSC_2469.JPG

お彼岸に近い戌の日を社日という季語で示すという。
今日がその日。
早く雪を融かしておくれ。
ご先祖様がお墓で待っている。

青空に有明の月眼に映り冷える身体も心晴れ晴れ #mysky #jhaiku #haiku #phot o

DSC_2433.JPG

氷点下7.5度。快晴。その中に残り月。
冷えた身体も喜びに暖まる。
ちょっとした景色で心の持ちようも変わってくる。
気持ちを変える術がいろんなところにあると楽しいね。
天に、人に、地に。

霧の中微かに残る光とてかつて輝く想い鮮やか #jhaiku #haiku #tanka #mysky #photo

DSC_2322.JPG

2月22日の朝の空。
母が西方極楽浄土に旅立ち、すでに一週間がたった。
あっという間ともいえるし、すごく時が過ぎたようにも感じる。
晩年は認知症で息子のこともわからなくなってしまったが、食事は丁寧に綺麗に食べ、訪ねていくと「忙しいのによく来てくれたなぁ。」と礼儀正しく挨拶ができていた。
肝臓癌ばかりでなく、胆嚢にもリンパにも癌細胞が大きくできて、でも痛いの一言も言わなかった。
気丈な母であった。

君恋し我が待ちおれば我が宿の軒下埋める吹雪のうねり #jhaiku #haiku #mysky #photo

DSC_2172_2.JPG

元歌は
君待つと 我が恋ひ居れば 我が屋戸の 簾動かし 秋の風吹く◆額田大王◆万葉集巻4の488

2月1日 18時15分 EasyBotterから
http://twitter.com/wagencan/status/164637866121641985

枝伸べて雪うけとめて重さしみ行く末思案ちからぬくすべ #jhaiku #haiku #pho to

DSC_2170.JPG

スキー場の松の木。
雪をうけとめ枝は垂れ下がっている。
重くなる雪への対応策。
向かっていくばかりじゃダメ。
力を抜いてやり過ごすことも大切。