クロマキーでさくらっ子とがいせん桜

がいせん桜はこの週末が見頃となりそうですが、少し寒い日が続いています。

以前の念佛寺の桜やがいせん桜、しだれ桜と一緒に、妻が作っていたさくらっ子をクロマキーで処理して、合成して見ました。

寺報第52号を発行しました

念佛寺の寺報第52号を発行しました。

上の写真がその体裁です。

年3回の寺報ですが、ちりも積もればなんとやら、を実感します。

他の寺報については寺報一覧のページを御覧ください。

 

降り止まない雪の中、除雪作業

除雪機を使っての作業。16時頃から1時間だけ行う。念佛寺境内も雪のやり場に困る。
吹き出して飛ばすことができるのだが、これだけ雪が積もると飛ばし先に困る。
新庄村でこれほど積もるのも近年にないことだ。
18:40には91cmの積雪だと新庄村役場前の情報に示されている。
明日の朝はまたどんなふうになるのだろう。
お地蔵さんも胸近くまで雪に埋もれるようになっている。

山寺もそっと鐘撞く桜かな #jhaiku

山寺もそっと鐘撞く桜かな #jhaiku

新庄の浄土宗・摂取山・念佛寺の境内の桜も咲き始めました。
春のお彼岸からは夕方6時に鐘を撞いていますが、さくらの花が咲き始めると、何となくいつもより気を使います。
あんまりにも大きの音を出すと、その振動が伝わって、桜の花びらが散りはしないかと、ちょっと気にして少し小さめに。
新庄村のがいせん桜も本日開花宣言が行われ、報道機関にも伝えられたそうです。

念佛寺を背景に紅梅

紅梅が咲いていたので、我が念佛寺を背景として写真を撮影してみる。
JetPackのメール投稿で、Facebookへの投稿ができないので、設定を見ると、Facebookのアカウントが外れていたのだが?どうして?今再設定してみる。

念佛寺は雪化粧

先週の雪は念佛寺を雪化粧に、これからはモノトーンの世界となります。

写真は、1週間ほどの前のものになります。

昨日からの雨で少しは積雪量も減りましたが、まだ残っています。

「ともいき(共生)~地蔵菩薩と山の神の錫杖」の法話をアップしました。

ともいき(共生)~地蔵菩薩と山の神の錫杖 「浄土宗摂取山念佛寺法話」に、16日の施餓鬼会法要で行った法話を載せました。

ナラタケとツチアケビ(土木通)の不思議な関係。植物の中で共に生きようとする姿を、人間世界にも感じました。

今年は百日紅が見事に咲きました。一つの幹から枝分かれし、たくさんの大きな花穂をつけました。福楽商店の根周りの活性化治療のおかげだと思います。幹は一つですが、土の中にはたくさんの根が張り巡らされて、百日紅の木を生かしているのです。ちょうど今の私の前には両親がおり、その両親には又両親(祖父母)がいる。一人の前に2人、sらに4人、さらに8人、16人、32人、・・・・・と増えていきます。これらの先祖の誰ひとりが欠けていても今の自分はこの世に存在しないのです。ご先祖様のすべての命が私の中で生きているのです。そして私の後にも続く命がある。

どうぞ、法話のページをご覧ください。