青空をついて噴出す白き雲 #mysky #jhaiku #haiku #jsenryu #photoikku

DSC_2984.JPG

快晴の朝。
とんがり屋根に突き刺され、青空から雲が漏れ出した。
白い、白い雲。
清き青空から、白い雲が表れる。

日食に雲も沸き立つその後に #jhaiku #haiku #mysky #photoikku

DSC_2968.JPG

金環日食のあと、空を見ると何やら不思議な雲が。

雲のうねり休み明けるの嫌という #mysky #jhaiku #haiku #photoikku

DSC_2929.JPG

金環日食の日を翌日に控えた日曜日の夕方の空。
雲のうねりが面白い。

陽が欠ける金環食に人は満つ #mysky #jhaiku #haiku #photoikku

DSC_2932.JPG

金環日食が始まり出したとテレビで報道され始めた。
多くの人が見ようと集まっているようだ。
太平洋岸がいいようだが、少し曇っている様子も報じられている。

シャクナゲを石楠花と書くかたくなし #hana #jhaiku #haiku #photoikku

DSC_2814.JPG

石楠花をシャクナゲと読むのは、ちょっと読みがたし。
シャクナゲを石楠花と書くはかたし。
かたいから石でもないはず。
花はとっても柔らか。

増やす術社外秘なのか浮草や #kigo #jhaiku #haiku #photoikku

DSC_2865.JPG

浮き草は次々に増えてくる。
農作業にとっては邪魔なもの。
この勢力の増やし方を社会の中で生かせないのだろうか。
植物の中には、子宝草や幸来花など次々に子孫を増やしていくものがある。
人はそんなに子孫を増やしていくことはできないが、何か学べることないのだろうか?

苗売りを待ちくたびれて日が沈む #mysky #kigo #jhaiku #haiku # photoikku

DSC_2843.JPG

水田はあと苗を待つばかり。
苗を待っているのに、いつまでも苗売りはやってこない。
辺りはしだいに薄暗くなりはじめた。
水田には赤く染まりかけた空が、「また明日」と言っている。
また明日か?
明日は大丈夫?

苗売りで手にして二年ひとつ咲き #jhaiku #haiku #kigo #hana #photoikku

DSC_2831.JPG

モクレンが苗を買って二年目になる。
咲いた花がやっと一輪。
10年たっても3つほどしか花を見なかった木もあったから、まだいいか。
来年は3つくらい咲いてくれるかな?

五月晴れ七重八重さくひいふうみ #jhaiku #haiku #hana #flower #photoikku

DSC_2745.JPG

八重のクリスマスローズ。
昨年よりも花の数も増えた。
丈が伸びるにつれて花も増えてくる。

藁屋根のさくら眺める遠き山 #jhaiku #haiku #photoikku

DSC_2708.JPG

日本で最も美しい村連合の一員の新庄村のある風景。
今ではすっかり藁屋根の家はなくなっている。
水田もそろそろ準備が始まろうとしている。

眩しくて恥ずかしのか春だから #hana #flower #jhaiku #haiku #photoikku

DSC_2742.JPG

クリスマスローズはいつもうつむき加減。
恥ずかしいの?
お日様が眩しいの?
大きくなってもやはり下向きに咲いている。
クリスマスローズという名前が、気になるの?
もうクリスマスから4ヶ月も過ぎてるからね。

夕日影枝垂れ桜に名残惜し #hana #jhaiku #haiku #photoikku

DSC_2787.JPG

夕陽が枝垂れ桜を照らしている。
もうあとわずかで夕陽は沈んでしまう。
枝垂れ桜を照らすのも、あとわずか。
あすはまた出会えるのかどうかわからない。
曇りや雨だったら、桜も見ることはできない。
桜も散り初めており、一夜の嵐で明日には花も残っていないかもしれない。
そんな桜に心が惹かれる。

雲が指す今日の運勢良い方位 #mysky #jhaiku #haiku #photoikku

DSC_2668.JPG

快晴!そのなかで進む方向を示す雲あり。
今日はいいことあると、思うことにしよう。

青空に開く桜は花一輪 #mysky #hana #jhaiku #haiku #photoikku

DSC_2666.JPG

16日、やっと一輪の桜の花が咲いた。
桜は慶応桜という種類らしい。
生け花に使われていたものを土に刺していて大きくなったものだ。
新庄村のがいせん桜より早く咲く。

ユキノシタ長く耐え抜き春を見る #hana #flower #jhaiku #haiku #photoikku

C360_2012-04-15-13-13-01.jpg

ゆきのしたとはよくいったものだ。
ヒマラヤユキノシタは長く重い雪の下で耐えてきた。
春の日ざしを見るために。
雪がとけたときは、地面にペタッと押しつぶれていた。
いま、やっと日ざしを受けて花を咲かせるようになった。

ひなた待ち日向みずきの花を見る #hana #flower #jhaiku #haiku #photoikku

DSC_2635.JPG

ヒュウガミズキの花。
日向水木と書く。
ひなたは日向と書く。
日がよく射して暖かくなると咲き始める。
いま、やっと咲きました。
ひなた見ず木ではなく、ひなた見る木の日向水木。

百日紅甦れよと根活を #hana #jhaiku #haiku #photoikku

DSC_2641.JPG DSC_2634.JPG DSC_2632.JPG

こんかつを行った。婚活ではなく、根活だ。
百日紅の木が弱ってきているようだ。
昨年の夏は花の咲きようも少なく、花も小さかった。
ある人の紹介で、村松農園さんに連絡。
そして、14日に来てくださった。
福楽(ふくら)商店さんとの作業。
まずは、百日紅の木が途中から苔に覆われているのをとる作業。
圧力をかけた水を噴射してどんどん飛ばしていく。
細い末端の枝は苔も残ったところもあったが、問題ないということだった。
次に根廻に、水にとかした栄養剤を50?間隔に注入していく。
これにより、固くなった根廻の土をほぐし微生物の活動を促すということだ。
最後に枝全体を消毒していく。

百日紅の木がどのくらいの樹齢か尋ねられたがはっきりしない。
業者の方は、樹齢250年という木の作業にも携わったことがあるけど、その木よりもっと古いなとも言われていた。
寺ができた頃に植えたとしてもざっと300年ということになる。
70才を越えた人が、おっしゃっていた。
自分達が子どもの頃には、すでに太い幹でその上に股がって遊んでいたと。
業者の方はこれだけでも人を呼べる観光になる、ともおっしゃっていたが、観光にならずとも、大切にしたいものだ。

花の色カメラで遊ぶすいせんを #hana #flower #jhaiku #haiku #photoikku

C360_2012-04-12-06-45-19.jpg C360_2012-04-12-06-44-50.jpg C360_2012-04-12-06-44-50_org.jpg

android アプリのcamera 360をまたインストールしてみる。
バージョンアップで使えなくなっていたものが、また使用できるようになっていて、気に入っていた色の抽出をまたやってみる。
今回は水仙を使う。
花の色の黄色だけを取り出したり、緑の葉に注目したり、そのまま撮影したりと楽しむ。
CATことば:草花,,,

さいねりあいろはいろいろさいねいや #hana #flower #jhaiku #haiku #photoik ku

DSC_2447.JPG DSC_2450.JPG

サイネリア、花の色は色々とある。
みんなサイネリア。サイネリアには違いがない。
外見の違いや、花の咲き始めなどの違いもあるが、みんなサイネリア。

雪に耐え今度はわたし花の力 #hana #flower #jhaiku #haiku #photoikku

DSC_2574.JPG DSC_2575.JPG

クリスマスローズは雪の下で葉っぱを四方八方に広げ、自分のスペースを保っていた。
雪がとけると、葉全体から太陽のエネルギーを吸収している。
人工衛星が軌道上ですべてを伸ばして太陽光を受けて活動してるみたい。
土の温かさをも吸い取っているのかもしれない。