初雪が浮き浮きもさせ焦りもす #jhaiku

DSC_0531-2.jpg DSC_0527.JPG

昨夜は雷も鳴り大雨。
今朝も雨が降っていたが、山の上が白くなっていた。

菩提寺に学成ればとて銀杏付く #jhaiku

DSC_0480-1.jpg

那岐山の菩提寺に大銀杏がある。
9歳で父を殺され、賢いからとここで学ぶことになった。
銀杏の枝を杖にしてここまで登ってきた。
学成れば根付けよ
と法然上人、当時は勢至丸はこの土地に突き刺した。
それが、この大銀杏になったという。
目通り周囲約12m、高さ約45m、樹齢推定900年と言われている。国の天然記念物となっている。
銀杏が紅葉するのは11月下旬だそうだ。

高みより日の出まだかと紫苑見る #hana #jhaiku

DSC_0305.JPG DSC_0304.JPG

紫苑は大きくなりました。
もう私の背丈よりも高くなっています。
高いだけあって茎も頑丈です。
強い風にも倒れることもなく、しゃきっと立っています。
最近、日の出はどんどん遅くなっています。
日の出はまだかと、紫苑も背伸びばかりして眺めているようです。

掃き溜めにふと振り向かす白き花 #hana #jhaiku

DSC_0427-1.jpg DSC_0427-1-1.jpg

この小さな花はハキダメギク(掃溜菊)というそうだ。東京の世田谷の掃き溜めで初めて見つかったことによるそうだ。
牧野富太郎の命名だそうだ。
内側の黄色い筒状花の周りの白い舌状花がとっても可愛い。
こんな可愛い花なのに、ハキダメギク(掃溜菊)は、かわいそう。

金木犀密やかにいても薫り満つ #hana #jhaiku

DSC_0372.JPG

金木犀が咲き始めた。
でも今年は、今のところ花が少なそう。
ふーむ、また剪定の時期を間違ったのかと、不安がよぎる。
トイレにも一枝挿しているのが、とてもいい。
最近は、芳香剤のCMをよく見るが、この金木犀の方が好きだ。

温もりを半々に取る猫ふたり #jhaiku #neko

DSC_0369.JPG

デロンギを挟んで温もりを平等に半分ずつ受けている。
温もりという点では半々の平等にも見えるが、
一方は猫ベッドに丸くなり、
他方は、そこから追い出されたのか、一人で伸び伸びと休みたいと思ったのか、反対のカーペットだけのところ。
いきさつは定かでないにしても、トラジが先に猫ベッドに居たから、モクレンが仕方なしに反対側に回って、伸び伸びできる良さを良しとしてるのだろう。
その時、その場での、良い所を見つける。

ドット柄深く刻んでホトトギス #hana #jhaiku

DSC_0353.JPG DSC_0355.JPG

ホトトギスの水玉模様。
そのドット柄がしだいに深くなってきた。
気づけば朝の明けるのは遅くなり、夕の日暮れは早くなってきている。

ホトトギス鳴き声も無く咲き誇り #hana #jhaiku

DSC_0341-1.jpg

庭のホトトギスが咲き乱れている。
一枝にズラズラと咲くのは見事だ。
空を飛ぶホトトギスは、大きな声で鳴くが、なかなかその姿を見ることもできない。
花と鳥に同じ名前がついているというのも面白い。

ご先祖の墓参通知に曼珠沙華 #hana #jhaiku

DSC_0288.JPG

お墓参りの頃になると決まって咲いてくれる曼珠沙華。
彼岸花とはよく言ったものです。
まるで、ご先祖様がスケジュール表に登録していて、子孫が墓参りを忘れないようにしてくれているみたいです。
アラーム音もバイブレーションもなく、ホーム画面に赤い色が次々に咲いて、知らせてくれます。
彼岸花の茎がではじめたら、そろそろ掃除をしてください、
花の蕾の赤いのが見えはじめたら、花を立てる準備をしてください、
花が咲き始めたら、お線香やお供えを持って墓参りしてください、
と言っているみたいです。

秋分を迎えてふと振り返る 時の移ろい秋桜の花 #hana #jtanka

DSC_0269.JPG

気持ちの良い秋分の日。
外へ出てみると、コスモスが咲き、ススキも穂を開きたくてうずうずしている。
秋の桜と書いて、秋桜、コスモス。
もっとおひさま照っておくれよと。

夏バテもゲンノショウコの力こぶ #hana #jhaiku

DSC_0248.JPG

道端に咲く白い花。ゲンノショウコ。
花のあとには実ができそれが弾き飛ばされる。
その後にはまるで力こぶを作っているような姿が見える。
夏バテも吹き飛ばそう。

携帯で斑入りヤブランふとしゃがみ #hana #jhaiku

DSC_0229.JPG DSC_0231.JPG

斑入りのヤブランが雨のあと、いくつかの花を開いていた。
斑入り藪蘭。
毎年よく咲いてくれる。
百日紅も時期を終え、カリガネソウももうかなりの花が土の上に青紫の花を散らせている。
そんな中で庭で咲いてくれているのが、この斑入りヤブランだ。

稲刈りが雨に降られて怒り星 #kigo #jhaiku

DSC_0219.JPG DSC_0224.JPG

新庄村では稲刈りが始まっている。こんなふうに刈った後に干しているところもあります。
稲を利用しながら上手くくくっていました。
これでまた一段と美味しくなるのでしょうね。

譲り合い覚えないのにちゃっかりと #neko #jhaiku

DSC_0182.JPG

私一人が函座りしてると、トラジはうまくやって来る。
ます足を入れ、私の体を舐めながら、私を油断させ、あっという間に座ってる。

頭垂れもういいかいと稲が待つ #photoikku #jhaiku

DSC_0184.JPG

メルヘンの里新庄村のあちこちの田んぼでは、稲がすっかり黄金色になってきました。
今年は穂の出る時期なども天候が問題なく、平年作以上なのかもしれません。
昨日の朝、撮影した写真ですが、夕方には別の田んぼでは稲刈りが始まっていました。

空と川茜に染まる雨上がり #photoikku #jhaiku #mysky

DSC_0176.JPG

雨が上がり、夕方からしだいに空が赤く染まり始めた。
そして、川面も茜色に染まる。
スマートフォンで上手く撮影できなかったが、綺麗だった。

一日の笑顔健気なムクゲかな #hana #photoikku #jhaiku

C360_2012-08-30-07-17-01.jpg

次々に大きな花を咲かせるムクゲ。
木槿。
長く咲いているように見えるけれども、花は一日でしぼむという。
とてもそんな風には見えない。
たった一日の命だけれども、ムクゲの花は、精一杯の笑顔を見せてくれている。

人肌が恋しくもあり猫もまた #cat #photoikku #jhaiku #neko

DSC_0126.JPG

夜となり窓から入る風は涼しくなってきた。
猫たちも最適な場所を求めて、あっちこっちに動いています。
トラジも、お気に入りの場所にやってきています。
甘えん坊のトラジです。
人は誰かから求められると、何とかしてあげたいと思うものですね。
人に擦り寄るのが上手なトラジです。
そのコツを学びたいものです。

白兎お月見しつつ母思う #photoikku #jhaiku

DSC_0119-1.jpg

妻のパッチワーク作品です。
この白兎さんは、月を見ながら故郷の父母がついてくれているお餅のことでも思い出しているのかもしれません。
傍にはお団子があるのに。
お餅といえば、新庄村は姫のもちがよく知られています。

新庄村の餅つき隊はみなさんの街にも行ったでしょうか?
たぶんお月さんにはまだ行ってないと思いますが。

猫さえもまだまだきつい処暑の朝 #kigo #photoikku #jhaiku #cat #neko

DSC_0093.JPG

暑さはまだまだこたえるよ。
体がとろけてぐったりだ!
あれあれ、トラジの体がとろけて椅子から流れ出ている。