原子力廃炉するにも原資力〜山陽新聞に掲載

原子力廃炉するにも原資力

が山陽新聞のちまた欄の時事せんりゅうのコーナーに掲載された。

巨額の資金を投入して原子力発電所を建設し、放射能のゴミの処分もできずにドラム缶に詰めたまま。
廃炉にするのにも、また巨額の資金が必要とされる。

資金だけでなく、その中にある放射性物質は未来の人への置き土産になっている。

福島の原子力発電所の後片付けもなかなか進まず、数十年かかるとも。

一体どうするのだろう?

原子力があったから電力がまかなえたという意見があるが、原子力を使うために火力発電、水力発電を制限していったという現実もある。

きれいにならないものは早急に処置してもらいたいものだ。

猫二人憩の場所は異なれどともに憩いを分け与え #jtanka

モクレンはストーブの上、トラジは椅子の上で同じような格好で安らいでいる。
ファンヒーターの上は過ごし暖かいんだよね。モクレンはよく知っていて、いつも乗っかっている。
トラジは母さんの膝の上で甘えたあとは、椅子の上で少しの時間を過ごす。
そんな二人を見ていると、こちらまで安らいでくる。
猫って静かで憩いをもたらせてくれる。