長寿の心得

ある手拭いに印字されていた言葉

長寿の心得
人の世は山坂多い旅の道
 年齢の六十に迎えがきたら

還暦 六十才
 とんでもないよと追い返せ
古稀 七十才
 まだまだ早いとつっぱなせ
喜寿 七十七才
 せくな老楽これからよ
傘寿 八十才
 なんのまだまだ役に立つ
米寿 八十八才
 もう少しお米を食べてから
卒寿 九十才
 年令に卒業はない筈よ
白寿 九十九才
 百才のお祝いが済むまでは
茶寿 百八才
 まだまだお茶が飲み足らん
皇寿 百十一才
 そろそろゆずろうか日本一

念ずれば花ひらく

「気をながく 心はまるく 腹をたてず 
  口をつつしめば 命ながかれ」
 (漢字で「気心腹口命」の五文字を「気」は長く、「心」は丸く、「腹」は横に寝かせて、「口」は小さく堅く結び、「命」は長く引っ張って書いてある。)

「腹」を横にするのは、左向き、右向きと、毛筆での作者によって異なっていることは、インターネットで確認できる。

こんな気持ちをもちながら、これからも生活したいものです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください