エクセルで表示されている行だけの行数をカウントする #エクセル

エクセルで表を作成しているときに、場合によって表示しなくてよい行がある。しかし表示されている行だけの個数を番号表示して、ものの準備をしたいことがある。そんなとき有効なのが、この関数だ。

表示されている行数をカウント表示したい列に

=SUBTOTAL(102,$B$2:B2)

とA2セルに入力し、表のA列の最後まで数式をコピーする。

これでどのように表示・非表示をしても、表示されている行だけの個数を番号表示できる。

上の関数の括弧の中の「102」というのは、COUNT関数を示しており、表示されている行をB2からB○○までカウントしなさいということを意味している。

「102」以外の集計の仕方については

http://office.microsoft.com/ja-jp/excel-help/HP010062463.aspx?CTT=5&origin=HA010215738

に詳しく説明されている。このサイトでいいことを教えていただいた。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください